海外ではサイン

はんこイメージ

オタクに憧れる私。ひょんなことからはんこについて色々調べている今日この頃。
キングオブはんことまではいかなくとも、ちょっとずつはんこについて詳しくなってきています。

そこで今回は世界のはんこについて調べてみましょう。
はんこって日本以外の国でもあるんでしょうか?中国や韓国ならなんとなくはんこがあってもおかしくないとは思うのですが、アルファベットの国はどうなのでしょう?

以前、会社の書類で印鑑が押されていないものがあって(たいした書類ではない)、本社の担当者に聞いた時の私たちの会話です。

私「印鑑押されていなかったので、サインでもいいですか?名字に丸で。」

担当者「う~ん・・・日本ははんこ社会だからね・・・。印鑑もらい直して。」

とまあこんな感じです。
なるほど日本ははんこ社会。確かにそうですよね。

書類に関して言えば、作成者、確認者、所属長、部長、のはんこをもらってようやく稟議がおりるって感じですもんね。

こんな面倒なこと、海外でもやっているのかしら?どうやら海外ではサインのようです。やっぱり。
先にも述べましたが、日本が印鑑社会なだけだそうです。

外国人の方は日本に来ると、カタカナのはんこを作らされるんですって。
なので、旅行で訪れた方達はお土産にはんこを作っていくこともよくあるそうですよ。

日本人にとっては実印やら銀行印やら大事なはんこ達ですが、観光にきた外国人の方達にとってはアクセサリー的なものになっちゃうんですね。

ページの先頭へ