印鑑の種類

イメージ画像

オタク好きな私。自分自身がオタクなものがないので、オタクな人に尊敬すら抱いてしまいます。
まあ一応しいて言うなら漫画オタクにならなれるかも(笑)

まあそれはさておき、最近実印を買おうと思っていてそれがきっかけで印鑑についてあれやこれや調べている今日この頃。キングオブはんことまではいかないけれども、はんこについて問われれば即答できるくらいまでは詳しくなりたいので、頑張ってみました。

今回は印鑑の数ある種類の中の「銀行印」。銀行員は皆さん持っているのではないでしょうか。
銀行印とは、銀行や郵便局の預金口座開設時に届けてある印鑑のことです。お金の入出金時に本人の確認用として使用されます。

私は会社で会計をやっているので、ほぼ毎日法人の銀行員をポンっと押しています。すごく複雑な印鑑になってますよ~。銀行員のサイズは、一辺が24mmの正方形に収まるもの。一般的には12mm丸~18mm丸が多く使われているそうです。

書体に決まりはないのですが、金融機関側に相違と判断されると使用出来ないこともあるそうです。旧字と常用漢字とか。材質としては、ゴム印のように変形しやすいものは届け出できないそうです。欠けやすい石などの材質も、金融機関によってはこれまた届け出できないこともあるそうなので注意しましょう。

ちなみに私の銀行員は名前のはんこなんです。かわいいでしょ。というか、もしかしてこんなん誰でも知っているって感じですかね?!
一般的なはんこに対する知識がどんなもんかがわかりません!

このページの先頭へ